読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもよしこさん

広告会社勤務。このブログは私個人のものであり、所属している団体・組織には一切関係がありません。全ては個人の見解です。

営業さんが「営業として」と前置きして言う言葉は正直ビビる。

 

おはようございます!

新作漫画なんかやっていたら、いつものよしこさんもやってほしいという声もあり、こっちの方も続けますよー。

ちゃんと仕事してんのかって感じですが、まあまあ。やってます。

 

で。

 

私は広告会社におりクリエイティブ職にある。

つまり営業という人たちに使われる仕事。どんなに正しくともあいついややと言われたらそれまでで、だから私はいつもめっちゃヒマである。いいの。夜は酒飲んでると短いから。

で。

営業さまから、「営業として」と前置きしていて「言わせてもらう」というワードが出たら、そのあとに来る言葉はろくなものではない。

営業として言わせてもらえば、この案は持っていきません。わかりました。

営業として言わせてもらえば、インパクト重視でいきたい。

→何がインパクトかわからんし一番困りますがもちろんです。

営業として言わせてもらえば、明日欲しいです。→今聞いたとこですががんばります。

しかーし。

営業として。とビシッと言われると我らリーマンクリエーターの悲哀を感じる。で、もういややなと思っていても今回は別の人に頼んですいませんとか謝られると、別に仕事なんで誰がやってもいいですよとか強がりを言ったりして。

でも、

自分の仕事に敬意なりを払ってもらわないとシンドイ。これ営業さんの演技力の問題。例えば女の子は誰でも心なくカワイイとか言うても女の子喜ぶねん。嘘でも。ホントそれだけのこと。それさえあれば、内勤なんかなんぼでも調子に乗って、お値段以上ニトリ♪的に働くのに。

営業として。この伝家の宝刀はつまらぬことに使ってはならぬ。

ところで、小五息子が最近、まーた受け答えが変。 

 

f:id:doudemoyoshiko:20170512080042j:plain

 

 ってことで次回は火曜日。ではでは。。。

よろしくお願いいたします。