読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもよしこさん

広告会社勤務。このブログは私個人のものであり、所属している団体・組織には一切関係がありません。全ては個人の見解です。

ネーミングの仕事は、勘だのみ。

最近、会社の偉いひとから、冗談で、

君のマンガブログはわかったから、一体なんの仕事してんの?マンガ以外検索してもわかんないんだけど。朝のカフェでの更年期対決は面白いけど、朝会社来てんの?

つうて言われてしまった。そやねそやね。仕事を検索してもね、深いところに入ってて目立たないしね。

なんで、更年期対決の続きを書こうかと思ってたけど、今回はは仕事のことを書いてみます。

 

何故か私は近年、ショッピセンターなどに名前をつける仕事をすることが多い。まあまあたいへんな仕事で、いつもアレヤコレヤとアタマをひねる。

ええ。あれやこれやを今、ワザとアレヤコレヤとカタカナで打ちました。

そう、ネーミングてもう響きなんである。アレヤコレヤから派生して、コレヤ、うーんちゃうな、じゃあコレハ。そうそう、これは!というものがたくさんあるところ。だから、コレハ。なんつーてプレゼンしたりしてるんである。

どーやってやるんですか?などと聞かれても訓練しかない。

たべれる、あそべる、買える、で、レルル。かわいいじゃん。何かに使える。おっと。こんなとこで、仕事してどーする。

あと、わざと、を、ワザと、カタカナで打ちましたが、そう、カタカナにすると印象が違う。カナザワのワザ。だからカナワザ。なんつーて。

で、こうやって書いてなんとなく思いつくようなことを、どーやって人を説得するかというと、これは思いつくのと全く違う能力が必要。

ノリでやる場合もあるけど、そうではない場合は、音声科学研究所的な会社に調査を依頼するときもある。

で、さっき思いついたコレハっつうのをプレゼンするとすると、カ行のコッっていう音で口をすぼめ鋭角的な音を出し、ラ行レで下を巻き広げ華やかな音になり、ハで、アーと口を開け広がりを持たせる的なことをもっともっとかしこいワードでかしこい人が企画書にする。音声グラフみたいなんを出してくる会社もある。

 

しんどい。

 

めっちゃしんどい。

 

私のように、自分の感覚だけでぼんやり生きていると、全てを理屈づけるのが難しい。

 

で。

 

ちょっと賢いことを覚えると、私はすぐに調子に乗る。夫に、女性のブランドにはラ行をふくむのが多いんやで。レとかラとか。舌を巻いて華やかな気分になるんやで。おしゃれな感じになるやろ。というたところ、

 

f:id:doudemoyoshiko:20161025041246j:plain

 

 うーん。理屈なんてあってないもの。

そう、こういう直感が、結局正しかったりして。かわいいじゃん。をもっとうまく説明できればええなーといつも思う。

 

あ、でも、私のようなオバさんには、今のカワイイがよくわからんときもある。

あの、普通のヒール&スカートというオシャレにソックスを履く、昨今のオシャレの何がいいのか教えてくれ。ローファーならわかるが、エレガントなヒールに靴下て。せっかくの足首を太く見せるアレ。バブル世代にはようわからん。

おっと。やっぱり、感性なるものは、他人に説明せなあかんわけですね。

つうことで、次回は金曜日。よろしくお願いします。