読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもよしこさん

広告会社に勤めています。毎日ほのぼの日記です。

ジンジハツレイ。15秒の男、誕生。

サラリーマンの新学期。それは、人事異動の4月と6月であーる。

今回の人事異動は、えー?マジか。そうなの?っていう感じで、かなり変わったので驚いた。

ただわたしはそれよりも、1つの部署に色々チームができて、肩書き整理すんの大変やったんと違う?って思った。

そう。だって。

組織変更に伴い、やたらと兼務兼務で肩書きが長くなった人がおり、

試しにその人の肩書きを名前まで読み上げてタイムを計ったところ、なんと15秒かかってしまった。

15秒の男、誕生である。

つうかこういうことをおちょくったらあかんのやけど、

とある部署ができて、「こりゃ我が社の頭脳が集結しましたね。」とかいうて席でおちょくってたら後ろにその人が通ったりね。

ジンジハツレイ。お祭りである、

で。

全然関係ないけど、最近、息子の作文が、なんか変。

なんだろう、この感性は。。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170331054530j:plain

f:id:doudemoyoshiko:20170331054536j:plain

 

 

 

f:id:doudemoyoshiko:20170331054541j:plain

f:id:doudemoyoshiko:20170331054548j:plain

 

 

子育ても仕事もただいま分岐点。。

ってことで次回は火曜日。よろしくお願いいたします。 

 

 

 

 

 

間接キスじゃないよ。直接ハラだよ。

 

昨日は会社を休んでいたので、息子とフレッシュネスバーガーへ出かけた。で、ひとつのコーラをストローでいっしょに飲んだんですが、

「お母ちゃんと、間接キスー。」

とか言うてきたんで

「あのな。きみお母さんの子どもやで。間接キスどころか直接ハラやんけ。」

「はい。ぼくは、お母さんという人間から生まれてきました。」

そやでそやで。

もう、直接ハラやからこそ、お互い大変なんやんけ。

もうね。これ大変。もう。ようこんな大変なこと、子ども欲しい〜とか言うて産んだね。私。

夫も言う。

あのさ、お母ちゃんさ、よく、トライの先生にあの人マジメすぎる。テキトーでええのに。とか言うやん。それさ、自分にも言うたら。

そやねん。そやねん。

でも。だって。。

最近作文の勉強を始めたんですが、もう、息子がマジメにアホなことをしてくるんですの。

とほほ。

 

 

f:id:doudemoyoshiko:20170324045356j:plain

f:id:doudemoyoshiko:20170324070200j:plain

 

オマーン人ってすごいね。これ。ってことで、次回は火曜日。よろしくお願いいたします。

 

 

学童保育の次は、家庭教師のトライ。個別教室。

三連休だったのに 、家にいたのに、

なんだか疲れてしまって昨日はお弁当を買ってしまった。。こういうのちょっとした罪悪感。。

小4息子にごめんね今日はこんなんで。と、言うたところ、

お母ちゃんが大好きだから、大丈夫だよー。

と抱きついてきた。

で、おうおうと2人で抱き合ってぴょんぴょんとはねた。

あ。

これ全然美しい話じゃないです。息子は私がたまに買ってくる焼き肉弁当を心から楽しみにしており、テンションが最高潮に達したのだ。

こういう無邪気なところが息子にはまだあり、

先日、マンションのエレベーターの結露にウンコと書いてあり、絶対息子やなと思ったらやっぱりそうで、まだ君ウンコとか言うてんの?と思う。

お風呂あがりはすっぽんぽんでいるし、お母ちゃんなんか大嫌い、こうしてやる。っと言うんで何をすんのかと思えば、オナラぷー。と顔の前にお尻を突き出してくる。

そろそろこういうの終わるかと思ってたのに無邪気で明るい。

夫に言うたら、多分一生なんじゃないの?って言う。お母ちゃんだってアホじゃんか。

そうでしたね。。。

しかーし。

お勉強の方はアホやったら困るわけ。ほんと。で、親が何にもしてなかったらホンマにアウトで。それはね、去年アウトなことに気づいて、もー、放課後は毎日トライに預けてる。個別教室の方。

あれ、いいね。ほんと。自主勉強だけでもいけるしね。ただ、まあ、そこの先生がよく宿題出すの忘れる。で、ちょっとトライのことを愚痴ったところ。。。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170321063155j:plain

f:id:doudemoyoshiko:20170321063230j:plain

 

そうだね。もうテストだって、お母さんより先にトライの先生に見せるもんね。もうチームやね。もうすぐ五年生だね。トライとリトルリーグを頑張るらしいので、お母さんはもう少し働くことにします。

ってことで、次回は金曜日。ボチボチ行きましょう。

ところで。

ボチボチ、裏よしこさん始めます。というのは、なかなかおおっぴらに書けないことが最近増えてしまって、書きっぷりがさえないので、ここにちょっと書いていこうかな。と。つまらんことを短くツィッター的に続けます。

これは、もう、リアルな話が増えるんで、Facebookにもシェアしないので、もう読みたい人だけが読んでいただければと思います。

 

前回の年下すぎる男の子。その後の話です。

このブログを始めてもう2年くらいになりますが、今だになにがヒットするのかわからない。

それがわかればきょうび何らかの仕事になるんでしょうけど。

というのはね。

前回、なんとなくインタラクティブハルカ25才のことを書いたら、普段の倍近くのPV数があって驚いた。

午前中のアクセスだけでもスゴかったので、君すごいやんけ。と、ハルカに言うたら、またまた超弩級のソツのない答えが返ってきた。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170317070228j:plain

 

 

あの。ハルカくんのお母さま。子育てめっちゃ成功してますやん。この子大丈夫です。

決して食いっぱぐれることはござんせん。

 

ところで。

仕事の場では、始まってしまえば実はそんなに年関係ない。リアルに影響するのは、階級の差でしょうね。

で、今、ハルカとやっている仕事は、もう還暦超えた営業のキタさんがおり、3人でお昼に行ったこともある。これはもう、仕事か親戚の集まりでしかありえないとりあわせでして。。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170317070301j:plain

昨日は、また小四息子が面白いこと言ってきた。

うちの家がどうにも散らかっていると嘆いていたら、

でも、明るいやん。と息子。常識破りやけど。

え、そうなん。そんなに汚いの?ってことで今日はゆっくり出勤なんで掃除しよ。ってことで、次回は火曜日。

よろしくお願いいたします。 

 

もう、社内が年下すぎて、異国になっている。

最近、もう社内でいっしょに仕事する相手はほとんど年下。

年下はいいんだけど、もう二十代若者となると日本語が通じる外人みたいなもんで、違うことが多すぎて、共通項がない。

だから、逆に、言葉の使い方が面白くて、新鮮だったりする。

クソワロ。なんすかそれ?

で。

今の傾向なんでしょうかね。いい子多い。まあ、うちの採用がギラギラタイプよりほんわかタイプを好んで採用してんのかな。男の子なんかもう息子か思う年やのに、気がついたら相談してる自分がいて恐ろしい。

で、うちの息子もこんな子になってくれたらいいのにって思う、最近の仕事相手がおりまして。。

 

 

f:id:doudemoyoshiko:20170314070356j:plain  

f:id:doudemoyoshiko:20170314070402j:plain

 

そう、もうもう、ギリギリで。おっと今はもう七時。

男前にせなあかんから時間かかった。ってことでまた金曜日。

よろしくお願いいたします。

福島から転校した子どものイジメの記事を読んで、面接官をやったときのことを思い出した。

前に新卒採用の面接官をしたところ、

ぼくは小3のころイジメにあった。でもそれが僕を強くしてくれました。っていう男子学生がいた。

残念ながら、最終面接でその子は通らなかった。しかし、担任の先生も助けてくれなかったけど、あの時必死で生き抜いたからこそ今の僕がある。と彼が熱く語っていたのを覚えている。

そんな負の思い出を自己アピールにするくらいだから、相当な試練だったんだろうな。

私も、中学で。高校で。大学で。会社で。イジメなんかなんぼでもあった。

それが自分を強くしたとは全く思わない。むしろ自己評価をおのずと他人に委ねることになり、逆に弱い人生になったような気がする。

福島から転校した子どものイジメ記事を読んで、ふとそんな面接をしたことを思いだした。

彼らもあの経験があったからこそ今の自分があるなどと、将来私のような面接官に言うのだろうか。

がんばれ。人生は長い。としか言いようがない。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170310044813j:plain

 

先日、うちのマンションのエレベーターのガラス面にの結露に、うんこと書いてあり、これ絶対うちの少年息子や。と思い結露が消えないうちに写真を撮っておいた。

あーあ。

こういう無邪気な日々が続きますように。

ってことで、次回は火曜日。ちょっと弾ける予定。ってことで宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑いながら怒る人を見た。

仕事で京都を廻っている。しんどいわー。まあ、制作のトミちゃんの車で廻ってるんで、めちゃくちゃ快適なんどすが。

で。

このトミちゃんは、まだ私が出産前にとある仕事でべったりといっしょに徹夜したりして過ごしたことがあり、まあ、旧知の仲。

あれは12年前くらい。

当時から私は知っている。

トミちゃんはいつもニコニコしてるけど、心の中は絶対に別のことを考えてることを。

と、言うのはね。

当時、今では考えられないけど、妊娠中やいうのにもう仕事が大変で。とあるムービーが修正につぐ修正で。当時は編集室で編集せないかん時代やったんで、もう編集室に籠っておりまして。

ずーっと。

安定期に入っていたとはいえよくやったもんである。

で、数回の徹夜を経たあと、今の段階でこの修正ないわー。みたいな修正があり、しかも次の日午前中にはクライアント試写で。まあトミちゃんも編集マンもそりゃもう疲れ切っており、次の日朝になってもできないー。もうお昼近くなってもできないー。

そりゃー私の携帯に各所から催促のメールがかかってくる。

で、私も、なんでこんなに時間かかるんですかね?と、きつい口調でトミちゃんに聞いたところ。。連日の徹夜作業を経たトミちゃんは、めっちゃ笑顔でこう答えたんである。

 

「なんでですかねー!」

 

…いるんや。笑いながら怒る人。竹中直人じゃなくて。

 

すいません。私が無理なお願いばかりしてるせいどした。

 

いやー。この人めっちゃ怒ってますやん。と思い、あの、今ここでトミちゃんにキレられるともう終わりなんで、それこっちが聞いてんね

ん!というつっこみを心の中に留めて、妊娠中の腹をさすったのである。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170307061623j:plain

 

トミちゃんは、これからちょいちょい出てくると思います。あんまり書くと、また

笑いながら怒るんだろうか。。ってことで次回は金曜日よろしくお願いいたします。