読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもよしこさん

広告会社に勤めています。毎日ほのぼの日記です。

クリエイターは成熟した大人にはなれないのか。

昨夜、小4息子の宿題を見てたら、じぶんの名前を縦読みにして文章を作るやつをやっていて、とってもおもしろかった。

「な」なっとくいく人生などと深いことを言うなあと思ってたら

「が」ガンダムのプラモデルを作る。おっと「が」が思いつかなかったね。きっと。で、名前の中に「ろ」があるのですがそれも思いつかんかったようで、「ロールケーキが好き」って書いてた。あれれ、そんな年に1回か2回くらいしか食べないのに。

こーゆーことを大人になってもやってるのがクリエータつう人種である。まあ、広告会社の人は相手あることでやってるので、あんまりわがままな人はいない。

ただね、カメラマンとかさ、作家とかさ。作曲家とかさ。

時々私の業界とは少しちがう人と仕事したりすると、その人たちは、そうなんだね、子供なんだね、見ためおっさんでもオバハンでもね。

まあね、じぶんの内面を晒すことをやってるんで、まあ正気じゃできないんでしょうな。ただ、私は仕事は単純に事務作業としてこなすところがあり、サクサクやるとまあ、怒られる。

うーん。

まあ、息子ものびのび育ててるんで、まあ面白いことばかり言う。仕事もその人の作品に惚れたんだから、頑張ろうと今思ったりしてます。。。

 

 

f:id:doudemoyoshiko:20170117075627j:plain

 

まあね。息子もきついことを言うと、まあ、凹んで面白く無くなる。当たり前ですが、

息子にさえなかなか愛情を注げないのになかなか難しいな。これ。もしかしたら仕事っってご好意ってこと自体が危険な事かもしれない。あ、これまた書きたいテーマなんでまた書きます。って事で、また金曜日。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

トップに立つ人格になるために、必要なたった2つのこと。

昨日は、今年初金沢へ。またまた出張。

で、ガラケー課長もビデオも飲み相手してくれんからどないしよと思ってたら、

ヨスダ支店長(多分60くらい)とさしのみできた。ヨスダさんは、昔からヨスダ再生工場と呼ばれ、まあ言えば、うちの会社の野村監督。数々の我らあかんこ星人を再生させてきたんであーる。私もどんだけ世話になったかわからない。

で。

「どないして、あかんやつを再生させるんですか?」

と聞いたところ、

そんなコツなんかないがな。と言う。

「でもでもヨスダさんすごいじゃないですか。」

と再度つっこんだところ

「あのな。北陸の人間は、辛抱強いんじゃ。」

…なるほど。待つのも大事やね。

だって、すぐキャーキャー怒られたり厳しく管理されて身動きとれなかったりすると、我々あかんこ星人は、ただの仕事ができない人で終わってしまう。

でもなんかのタイミングでガツンと大きく当てる。ちょっと待っててほしい。

で。売り上げの話になりまして。

北陸新幹線でもちろん金沢に来る旅客は増えたけど、で、約2年たった今、どうですか?」

と、聞いたところ、

「そりゃ開業当初からは減ってるね。」

とのこと。

まじかまじか。

「でも、今年あたりからまた上がる。必ず。」

と断言するんで

「新しい施設ができるとか?」

「いや。」

「宣伝費ドバドバかけるとか?」

「全然。」

「じゃあ上がる要因なんもないじゃないですか?」

と言うたら

「長年鉄道の仕事してきたオレが言うんやから間違いない。今年はまた上がる。」

と断言するんである。

そう言われるとなんだかやる気になり、企画を2つくらい引き受けてしまった。よっしゃやるでー!!

「でもさすがですね。わかるんですね。」

と言うたところ、

「そういう気分になることが大事なん。」

え?これ適当に言うてる?長年の勘でわかるんとちゃうの?うそーん。。

 

…でも、これ理想の上司。

先のことなんか誰にもわからない。だから人は根拠なく大きなものから肯定されたいもんなのだ。それが希望になりぐっと走れる。

で、ヨスダさんが言うんである。

「鰯の頭も信心からって言うじゃん。」

え。ここに書いちゃうけど、それ、部員に言うたらあきまへんでー。

でも、きっとできるようになる。私も息子に言い続けよう。お互いあかんこ星に生まれてきちゃったからね。。

しかし、私はトップに立つ人格など全くなく今日もイライラしている。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170113062547j:plain

f:id:doudemoyoshiko:20170113062642j:plain

 まあね。ちょっと過保護かなと思うけど、やっぱりなんとかしてやらんともっとまずいことになるパターンでして。

あーあー。でも子育てとか部下育てとかさ。自分の思い通りにはならないってこと、分からないとね。ってことで、次回は火曜日。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の敵は僕の口

 うちの息子は小4なのにめっちゃ幼い。で、なんだか面白いので、フェイスブックで彼の言葉を書きとめるようになってだいぶたつ。

このブログでも小4息子語録を書いたりしてるので、もしかしてかしこい子どもと思ってる方もいるんじゃないかと思うんですが、むしろ逆。ただの天然。

ただ、空気が読めず本当のことを言うんで、さらに、相手の言葉の細かいニュアンスがわからないので、まートラブルがちょこちょこ増えてきた。あ、これお母さんと同じ。本人はまったく人を怒らせてることに気づいていない。で、集団から必ず浮く。私は物心ついてから今までずーっと浮いており、なんだろ、基本集団ではうまくいかない。会社でもものすごく気力がいる。ここら辺の能力は自分でも諦めておる。

しかーし、時々諦めてくれない人がおり、私に女性らしい気づかいを求めてきたりして。辛い。嫁でもなし。

いいじゃん。私だってそれで人生かなりの代償払って来たんだぜー。

おっと、話はそれてしまいましたが、あかんこ星人先輩として、息子にアドバイスしていたら、息子がポロリと言う。

「僕の敵は、僕の口。」

わかってるね。息子は今年二分の一成人式。幼い息子も、もう、大人に向かって人生が始まる。まあ、頑張ってくれ。つうことで、お母さんも今年をゆるゆると始めます。

 

で、クリスマスプレゼントにあげたゲームを息子がずっとやってるので叱ったところ。。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170110051416j:plain

 

意思?遺志?まあもうサンタさんは永遠に生きているので。

 つうことで、今年もおかあさんやるでー。あ、仕事をね。ってことで金曜日。

よろしくお願致します。

 

 

 

 

 

 

 

ジャニーズの平均年齢って職場の現場と比例してる気がする。

仕事初めましておめでとうございます。

ところで、今年はちょっと長めのお休みをいただいておりまして。まだ冬休みなんですが、さすがにちょっとだけ会社に出なきゃいかん羽目になりまして。会社の入館証をカバンに入れようとして出した次の瞬間、あれ?入館証が忽然とない!ない!さっきまであったのに。

いくら探してもない。ちょうど小4息子と塾に出かけるとこで、「遅れるよ!」と急かされ、急いでさんざん探したけどないないない!急にに入館証が消えたんである。これ一大事である。

で。

仕方ないので家を出て、結局その日は会社に行かずに済んだものの入館証がないことから逃れた訳ではないわけで。

息子担当の先生と話してるときもカフェでお茶をしてるときもスーパーで買い物してるときも、ずーっとどうしようどうしようと思い悩み、始末書のフォーマットまだパソコンに残ってたっけ。いやいやこれ始末書どころじゃ済まんやろ。つうか今年は仕事始める前に終わっとるやないかー。

と、ぐるぐると真剣に悩んでいた。

で、スーパーの袋を手にマンションのエレベーターに乗り憔悴しきった顔で鏡を見たところ。。首に見慣れた青いひもが。。。

えー。

私、入館証、首にかけとるやないかー。

なぜ家で入館証を首にかけてしまったのか。さらに、私は三時間ほどずーっと入館証を首にかけて、入館証がない、ない、もう終わりやと悩みつづけておった訳で。そのビジュアルは想像するともう恐ろしい。

こんな四十代後半の私が今年も仕事の現場を出来るでしょうか。

で。

年末テレビを見てて思ったのだ。

中居くんはもちろん、V6の坂本くんや、TOKIOの城島くん、みんな四十半ば。年変わらん。

で、関ジャニでも、そう、嵐だって三十半ば。

ジュニアとかは置いといて、そこそこ老若男女誰でも知ってるグループ総メンバーの平均年齢って三十後半くらいなんと違うん?

そう、昔で言うともうとうに引退になってた人たちが、まだなんてったってバリバリの現役アイドルたち。

で、職場の現場でも同じ。(ココで言う現場とは、管理職ではなくバリバリ現場をこなしている人のことを言う)

昔やったら三十代後半にもなればもう管理するほうに廻ってたりするもんですが、今は、若者と同じ立場で徹夜立ち会いやってたりして。

ガキの使いでもココリコ四十半ばで、ガキ使に若者はいません!って叫んでた。

これ、もしかして全国の現場で起こってると違うん?

なんだかうれしいようなうっとおしいような話なんですが、これ、夫に言うてみたら。。。

 

 

 

f:id:doudemoyoshiko:20170106072042j:plain

 

もー。えらいことになってるやんけ。でも女性に産め産め言う世の中なんてまっぴらごめん。うーん。えらい人考えておくれよ。ってことで、次回が火曜日。よろしくお願いします。 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに実家に帰りおもしろマズイ状況にあることを知る。

お正月に私の実家(姉夫婦と同居)でババ抜きをやり、うちの実家はアホ&老化という、おもしろマズイ状況にあることを知った。

2つ上の姉(なによ姉さん)と甥っ子高一(ゆうたろう)と父と母と小4息子、夫と私の7人でババぬきをやったのであるが、最初のトランプを配る時点で、ゆうたろうが、四十三枚割る七は?と、割り算して分配しようとする。おいおいトランプやったことないん?

で、ようやく配って、同じ数のペアカードをみんなが捨て始めた。で、ゆうたろうが、なあなあおんなじ模様やないとあかんの?と聞いてきた。アンタ、1つの模様に数字は1枚やんけ。

で、カードをもらってあらかじめペアになったやつをみんながバシバシ捨ててたら、となりにいるなによ姉さんが、チョットー!次は私が捨てる番よー!っと怒ってきて、いやいやまだゲーム始まってないし、勝手に捨てたらええやんけ。

で、よしこ母76才が全然ついてこない。次私がとるんやったっけ?で、誰のんとるんやったっけ?とモタモタする。で、ダカラー!早くお父さんのとりなさいよー!となによ姉さんが怒り、いや順番から言うと、お父さんにとられるほうなんで、違う違うとわたしが言うと、そんなの知らないわよー!!とまたなによが怒る。

混乱して全然進まない。

私はうまく揃い、最後の1枚になったんであるが、またとなりにいるなによ姉さんが、チョットー!アンタちゃんと最後の1枚になったら言うやつ言ったー?っと怒ってきた。多分それ別のゲームと間違えてる。ダウトとかなにか。

で、よしこ母がのどが渇いたらしく途中で紅茶のポットにお湯を入れに行ってしまい、なによ姉さんが、チョットー!自分の番が終わってから行きなさいよー!!!とまた怒っていた。

さすがなによ姉さん、全てに全力投球である。

で、最後の1枚が全然揃わないよしこ母が飽きてしまい、となりの小4息子に、ちょっとちょっとアンタこれ持ってんの?とまさかの相手に自分のカードを表向けて見せるというババ抜きではあり得ないことをしてしまい、息子も持ってないよと真面目に答え、じゃあいつ終わんの終わんのつうてうるさい。

で、夫はごく普通にトランプしているだけなのに上級者に見えてしまい、よしこ母に「アンタは遊び慣れている。」と言われていた。

で、私が一抜けしたんであるが、それは手の力が弱くなった父(80)がちゃんとカードを持っていなくて私にダダ見えやったから。

で、我々がトランプに興じている背景のソファーにうっすら人影が。そう、どうも糖尿で手が上手く動かなくなり、さらに転んで疲労骨折をしてしまった義兄がよく言えばニコニコと見守っている。まあはっきり言えばぼんやりと座っておる。しかし久しぶりに会いあまりの影の薄さに驚いた。君だいじょうぶか?

というように、うちの実家(姉夫婦は同居)なかなかおもしろマズイことになっておる。怖いんで今年はあんまり近づかんとこと思ったんである。

で、次は夫の実家に行った。昨年見事内定をもらい今年から働き始める姪っ子のユキに、自分が面接官をしたときのことをトクトクと話していた。どんな子を選んだとかさ。そしたら隣に座ってた息子がこんなことを言うんである。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170103044015j:plain

 

いやいやそれはさすがに。でもやっぱり話しやすい子がやりやすかったかな。まあ、いいや。今年もアップし間違えるというまたまた失敗をしましたが、次は金曜日!よろしくお願致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3才から鉄道旅をさんざんやってきた子どもは10才になったらどんな発言をするようになるか

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

今日くらいは休もかなと思ったんだけど、習慣とは恐ろしい。

ちゃんと朝から5時半に起きてブログを書きはじめてる自分がいる。こういうとこ融通が効かない。いいの。これ筋トレみたいなもんで、休まないことに意義がある。

ところで。

昨年は、10才まで子育てをしてみて、色んなことがわかりました。ほんと。

うちは小さい頃からちょっと難しい子どもでしたが、夫がかなり旅に連れて行きまして。

1年生の夏休みは、2人で3週間鉄道で日本縦断したし、毎年数回、結構長い鉄道旅を繰り返した。

その経験が今生きていて、鉄道小説ならスイスイ読める。

それに、なんというか、素直で面白い子どもに育ってる。お母さんもやっとやっと君のことがわかってきたよ。

ところで、3才から鉄道旅をさんざんやってきた子どもは10才になったらどんな発言をするようになるか。

これ母親ならではの長い長い実験ですね。この年末、面白かったので漫画にしてみました。

 

f:id:doudemoyoshiko:20170101064329j:plain

 

そう。大晦日も何を食べたいか聞いたら、「加西(兵庫県)のインターチェンジ(珍しく車旅)で食べたカツカレーと言うてきた。

美味しいものと場所はセットだね。ってことで、今年も火金のどうでもよしこさん続くみたいです。

どうでもよしこ。考えるよりまずわかるまでやってみるタイプ。お正月でもむっくり起きて書き始めた自分がいて、もう大丈夫やと確信しました。

火曜日金曜日はどうでもよしこさん。やってるよ。これ、いきつけのバーみたいな感じでいいでしょ。今年も火曜日金曜日は、ここで待ってますってことで、よろしくお願致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のスマスマを見てかなり気持ちが落ち込んだんで、ボツになった仕事をアップしてみます。

昨日のスマスマ辛かったー。

ただもう私ごときがSMAPさまに何も言うことはない。なんだろうね。心配とさみしさと感謝が入り混じった親戚のおばちゃんみたいなこの不思議な気持ち。

明日には忘れちゃうのに。

で。

とある電車思いやりキャンペーンのために書いた歌詞(路線が変わって提案すらしなかった)を思い出しました。もう世に出ることはないので、今年の仕事納め前にアップしてみます。

 

「不思議な気持ち」

 

不思議だね。

知らない同士なのに

やさしくしたり 心配したり

家族なら あたりまえ

友達なら おたがいさま

でも一度ふれ合ったら

今日もがんばろうなんて思ったりして。

ちょっとのやさしさが

ちょっと人を元気にする

めぐりめぐる 不思議な気持ち

きっと誰かを支えてる

 

不思議だね

もう会えないのに 

思ったり 思われたり

近づきすぎて 傷ついて

ふれあうと 響きあう 

でもやさしさに出会ったら

人っていいななんて 思ったりして

何気ないやさしさが

人をきっと強くする

めぐりめぐる 不思議な気持ち

信じていたい  私を支えてる

 

ほんと、出会ったことのないアイドルの行く末に心を痛めるくせにわが息子の塾のプリントをほめてあげられない私。

あかん毎日。ちょっとずつでも笑っていきましょう。今年もありがとうございました。

 

ところで。

先週、北陸のオカモトをイジったら、オカモトからいけてない漫画が送られてきた。安心しろオカモト。君をイジった漫画は、今年最低のPV数を獲得した。君に何も影響はないであろう。ってことで、載せとくよ。あと北陸人の関西弁変。もっと勉強しなあかんがよー

f:id:doudemoyoshiko:20161227063439j:plain

 

ありがとう、オカモト。ってことで次回は金曜日。

よろしくお願いいたします。